外国人留学生の就職活動

個人的な見解


私は外国人留学生として日本の大学を卒業し、日本企業に就職、転職などを経験しています。また、後輩など多くの留学生の就活サポートもここ数年間行ってきました。サポートを行った留学生は最低MARCH以上のレベルであり、世間では認められている大学ばかりでした。

数年間の経験を経て、私は留学生は日本人大学生と同じ就活を行ってはならないという結論にたどり着きました。もちろん、すんなり就職先が決まり、あまり苦労してない留学生も確かにします。ですが、様々な留学生を見てきた私から言わせてもらうと、その人はただ運が良かっただけだと思います。

少なくとも私が見てきた留学生の大多数は就職活動にとても苦戦しており、残念な結果になり帰国した留学生も多くいました。また、何とか入社してもイメージとあまりにも違い、社内環境にも適応できず1年以内に辞める人も結構な確率でいました。

同じ大学生でも、就職活動は違うことを覚えておきましょう

留学生の就職活動


もしあなたが日本国内の大学に留学中の外国人留学生であり、卒業後日本で就職活動をする予定であれば、ただ始めるのではなく、自分と会社のニーズを正確に把握し、より戦略的な就職活動をする必要があるとこを覚えておいた方が良いと思います。

本就職活動シリーズでは、外国人留学生が就職活動をする際、必要な知識ややり方、そして最も重要な戦略作りに役立つ情報を掲載したいと思います。また、活動の際生まれてくる疑問や内定獲得後の流れやノウハウも載せればと考えており、これらの情報が日本で勉強している留学生に少しでも役立つくことを心から祈ります。

内定を勝ち取れるかはあなた次第です

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here