外国人留学生のプレエントリーについて

間もなく3月1日に突入します。この日がどれだけ重要なのかを知らない留学生は意外とたくさんいます。この日は多くの企業が堂々と募集のためのプレエントリーを受け付け、採用活動を実施できるスタートラインだと言えます。今日はプレエントリー時の注意事項を見ていきたいと思います。

プレエントリーとは


そもそもプレエントリーとは何なのでしょうか。プレエントリーとは、会社に個人情報を登録することです。今後その企業から発信する情報の受け取りや企業説明会の予約をできるようにします。また、多くの企業ではエントリーシートをプレエントリーしたウェブサイトを通じて受け付けておりますので、応募する企業は早めにプレエントリーした方が良いでしょう。プレエントリーは本当のエントリーではなく、簡単な個人情報を記入することで登録できますので、3月初旬にはプレエントリーを完了しておきましょう。

プレエントリーは就活のスタートラインである

プレエントリーの方法


プレエントリーの方法は大きく分けて2種類があり、以下のようになります。

①直接企業のホームページの採用情報を探し、アカウントを登録(プレエントリー)する
②リクナビ、マイナビ、学情ナビなどの就職支援サイトを経由して登録

ちなみにの方が圧倒的に便利です。その理由は就職支援サイトに予め登録した情報を自動的に記入してくれるので、ボタン一つでプレエントリーができるからです。の方法をとる場合、簡単な情報ではあるものの、自分ですべて記入しなければいけないので、どうしても不便を感じてしまいます。また、の場合、自分がエントリーした企業を一覧で見せてくれたり、カレンダーにも入れてくれますので、便利です。それでは、でやるべきなのか?というと実は全く違います。

3月1日以降はクリックだけでプレエントリーができるようになる

その理由は「登録までの時間」時間です。多くの企業はプレエントリーと同時に会社説明会を行います。人気の企業は一瞬で予約がいっぱいになり、次回の募集要項がでるまで気を使わなければいけませんのでとても疲れてしまいます。また、追加募集の合わせてスケジュールを立てるようになり、結果的に就活に振り回されてしまうのです。支援サイトを通じて登録をすると手間を省けて便利ですが、代理で申請を行ってもらうため、2~3日以上かかってしまい、後日アカウントを受け取りログインをしてみると説明会は既に満席になっている訳です。

プレエントリーする企業を事前に考え、3月1日には登録しよう

ただし、就職支援サイトでしかプレエントリーを受け付けなかったり、そのサイトを通じないと参加できない説明会などもあるため、しっかり確認してください。一般的には企業の採用情報を見るとそのように表示されてますので、先ずは該当する企業のウェブサイトを確認しましょう。

手帳やスマホを積極的に活用すること

インターンシップ編でお話しましたが、内定をもらった日本人の平均プレエントリー数は55以上になります。つまりそれよりも多くプレエントリーする必要がある外国人留学生にとっては直接プレエントリーをすることは大変だと思いますが、でプレエントリーを行い、目指す企業の説明会は早めに予約することをおすすめします。最後に数十種類のアカウントの管理はとても大変なので、専用のメールアドレスを作成し、グーグルドライブにエクセルデータを上げて管理することをおすすめします。

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here